動画制作にある音の変化も楽しむようにします。

動画制作ではほとんどの割合でいろんな音の要素が入っているように思います。
時には大きく、中ぐらい、小さく、と同じ音や音楽でも微妙な変化を出しているようです。
盛り上がるところだったり、クライマックスだったり、動画制作では音量あってのものといえます。

しかし、これを場面ごとに切り替えながら作り上げていくのだからすごいところです。
恋愛ものの動画で大きい音はあまりいらないけれども、時には上がるところがなければ単調すぎます。
怖い動画にしても、音の大きさというのは常に大きいものが続くもので制作されてはいません。

恋愛に浸れるように、怖さに浸れるように動画制作するということ、簡単ではないものでしょう。
ただ、1音ぐらいの変化は制作した人にしかわからないものでもあると思います。
場面をつなげながら、全体の音までもを制作していく難しさは私には計り知れるものではありません。

そこに、動画制作者は作るだけでなく、見る役目もしているということに気付いてしまったんです。
だから、プロ作成の動画にはすごく時間がかかっていくということにも初めて納得いきました。
次の動画を待ち遠しく思う気持ちに応える、動画制作の時間だということもできるのではないでしょうか。